スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
パナドール(panadol)
風邪で昼寝てたので夜眠れない…
起きてきちゃった。

せっかくできた一人の自由時間なので最近気になっていた事を調べてみた。

それは「Panadol(パナドール)」について。
パナドールとは、オーストラリアで最もポピュラーな解熱鎮痛剤の商品名で、Glaxosmithklineという会社から発売されている。
成分はPALACETAMOL。

なぜか、旦那はこのパナドールが大好きで、熱に、頭痛に、歯痛に、二日酔いに、何でもかんでもこれを飲む。
旦那の母も父もパナドール信者だ。
さらにドクターもナースもサニーが予防接種を受けた後も熱の時もパナドールを勧める。
たぶん、オージーはみんなパナドール大好きなのだ。
キャンベラの ユナさんの旦那様もそう、って日記に書いてあったから(笑)

昨日。
私がかぜでダウンしてたら「パナドールのんだ?」
って義母に聞かれた。
私は「うん。」って言ったけど本当は飲んでない。
ごめんね、嘘ついちゃいました。
だって、説明するの、めんどくさい&ほぼ不可能なんだもん。

もともと私は日本にいた頃から薬はあまり飲まないタイプだった。飲んでも漢方薬。

でも、パナドール。
これって何???
全然日本で聞いたこともない薬。
そしてオージーが何にでも効く特効薬のようにありがたがって飲む薬。
目茶目茶パナドールに対して不信感持ってました。私。
だから飲まなかったのです。

でも、調べてもいなかったのです。怠け者でごめんなさい。

で、今日さっき、やっと調べたら。
なんと、パラセタモルはアセトアミノフェンと同じでした。
そうだったのかぁ。。
じゃあ、飲んでもよかったね。サニーの面倒みなきゃいけないし。

アセトアミノフェンは今の鎮痛解熱剤の中では一番副作用も少なく有効性の高い薬らしい。
日本でも色々な商品名で発売されてる。

でも、もちろん薬。
誤った用法は危険だよね。

国立医薬品食品衛生研究所の医薬品安全情報のニュースレターには豪でパラセタモルの安全な使用のためのガイドラインが公表された、というニュースが載っている。

このなかでの注目事項は

・強さを小児の年齢&体重にあわせる
・小児&青年は医師の指示無く48時間以上の服用は避ける
 (パッケージにも表記あり)
 特に発熱があり食事と水分の不足している小児は長期投与のリスクをうけやすい

・アルコールを毎日3杯以上飲む者が服用する場合には医師の指示を仰ぐ(米国)

副作用:血液障害(血小板減少,白血球減少,汎血球減少,好中球減少,顆粒球減少など)
   発疹,腎臓障害,膵臓障害
過量投与:重篤な肝障害,尿細管壊死


だそう。

うちの旦那…ビール飲んだ後にパナドール飲んだり、パナドール飲んで元気になった後にパブに行ったり(酒飲むってこと)してる。大丈夫なのか??ちょっと心配。

それからサニー。
この前、発熱のときに小児用パナドールあげた。
あの後、のびのび赤ちゃん百科などの本を読み直して赤ちゃんへの薬の投与をもう一度チェック。

この本によると
・アスピリンには急性脳炎との相互作用が懸念されている
・一番安全なアセトアミノフェンも副作用がでる事がある
・熱が後遺症を残すことはない

というような理由から
・赤ちゃんに解熱剤を与える必要はない、と考えるドクターと
・39度以上の熱の場合に症状を緩和させる為に副作用の説明をしたうえで解熱剤を与えるドクター、がいるそう。

む。じゃあ38度でもパナドールを勧めるオーストラリアのドクターは??
製造元からお金でも貰ってるんじゃ??

一方、同本では、解熱剤のメリットとして次のようなこともあげている。
・赤ちゃんの痛みを一時やわらげる為、その間に食事をして栄養補給をしたり、十分な睡眠をとったり、という自然治癒力を高めるという効果
・熱がでた赤ちゃんを心配する親の不安を取り除きリラックスさせる=赤ちゃんを不安がらせない効果

なるほどね。
確かに大人でも熱で苦しいとあんまり眠れなかったり食べれなかったりするからね。
おまけに、旦那、サニーにパナドールあげないと心配で寝れないと思うし。

でも、私としては今度からは39度以上の熱が出たときだけにしたいなぁ…
でもこれを英語で説明するの大変なんだよなぁ、、下手するとケンカになる。
英文のレポートを読ませることにするよ。
ほんと、言葉が不自由なのって大変!
スポンサーサイト
【2005/09/26 22:54】 | GCの育児事情 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<髪切るの大変。 | ホーム | わたしが風邪>>
コメント
Zigemiさん、大丈夫ですか?
私もオーストラリアに来て以来痛みが出たらすぐパナドール、です。最近はニューロフェンのが効くって事でニューロフェンなんですけど、こっちのが効き目強そうだから怖いのかな・・・。

そうそう、これでちちとB2の突発の時ケンカになったのですよー、今日本で解熱剤はあまり処方しないとかで。解熱剤をあげてしまうと菌が脳に入り込んでしまうなんて聞いて怖くなりました。

でも解熱剤ってあげないと赤ちゃんも辛そうだしかわいそうですよね・・・赤ちゃん、小さい子って熱を出しやすいから大丈夫だよっと言われたけれど、39度近くになるとやっぱり解熱剤あげたくなりますよね。

【2005/09/27 16:15】 URL | ユナ #-[ 編集]
ユナさんへ
そうなんです、ユナさんのブログを読んで心配になってパナドール調べたんです!
でも、ほんとオージーパナドールすきですよね。
今度ケンカになったらこの英語のレポートが参考になるかも?
【2005/09/27 17:11】 URL | zigemi #-[ 編集]
私も実は、パナドール愛用しています。少々不眠気味なので・・・
でも飲みすぎはどの薬もよくないですよね
【2005/09/28 12:52】 URL | ふらっと #blPj0RWY[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zigemi.blog6.fc2.com/tb.php/67-a1558371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Zigemi's OZ Life 育児日記


ゴールドコーストで2004年9月生まれの男子&2006年11月生まれの女子を育てるzigemiの育児日記。オーストラリアと日本の育児の違いや、その他豪ならではのローカル生活情報&愛するオーガニック情報満載!お店もよろしく☆ www.SunnyAngel.org



*script by KT*
プロフィール

zigemi

  • Author:zigemi
  • オーガニック製品販売はじめました。みてね!
    www.SunnyAngel.org

    英語嫌いなのにできちゃった結婚でオーストラリアに住む事になってしまい日々大変です(汗
    zigemiが管理しているサイト
    「オーストラリア生活不便利帳」では、日々の生活のなかからまとめた役立つ情報を他のママさんの経験談含めて更新しています。こちらも是非遊びに来てくださいね~♪

    家庭保育園もやっています♪選定絵本リストはこちらをクリック!

 




カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。