スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ファミリーホースデー
イースターマンデーの今日はオーストラリアは国民の休日。
イースターはグッドフライデーの金曜日から月曜日までの4連休。
でも旦那は明日も仕事が休みなので5連休。

イースター連休の期間、日本のGWみたいなものだから、GCはいつもよりかなり混雑している。
だから旦那に「どこかいこうよ~」って言っても「混んでるよぉ」。
といっても日本のGW渋滞の比較にもならないくらいなんだけどね。いつもより、1.5倍~2倍くらい移動に時間がかかるだけ。

そのレイジー(怠け者)の旦那が、今日の私の提案には二つ返事を返してきた。
「競馬場行く?」「OK!」
(*Noも二つ返事だね、、w)

家から車で5分のところにゴールドコースト競馬場がある。
その競馬場が今日はファミリーデイ。
通常入場に10$かかるのだが、今日は無料、そしてポニーライド等の子供向けアトラクションも開催される。
さらに、Gold Coast Bulliten などの地元新聞に5$の無料賭け券までついてくるのだ。

私たちはサニー含めて3人だから3枚使える?ということで15$分の無料賭け券を握り締めて競馬場にむかった。

**今から出かけるのでまたあとでかきます~。
**続き

オーストラリアの競馬場は日本の競馬場とほぼ同じようなスタイルだと思う。
外側に公園があり子供たちが遊べるようになっているが、建物の中(屋根の下?)に入ると競馬狂たちの熱気を感じる汚いゴミのいっぱい落ちた床、スナック売り場。
そしてそこにブックキーパー(日本の予想屋に近い?)たちが並び、ホワイトボートやパソコン、がま口カバン等を駆使して、それぞれのオッズで賭博を提供し、競馬狂いたちが集まっている。

しかし、一度競馬場の屋外にでると、一面の緑。美しい空。日本と違いまったく混んでいないゴール前。オーストラリア~(深呼吸)の競馬場。

オーストラリアでは太陽光が強すぎるので、一般人用の日があたる場所はとても空いている。お金持ちのメンバー用の席は見晴らしのよい建物の2階の席で日陰。まぁ、こちらも空いてるけどね。

ともかく、私たちはパドックに馬を見に行った。と、最初に出会った馬をみて旦那が「いいうまだなぁ~」。サニーが「きゃぁ~」。
それで13番のその馬に5$賭けることにする。

オッズは先述のブックキーパー達や、競馬場が管理する馬券場、さらにクイーンズランド州全体の場外馬券場TABによって違うのだが、なんとこの時は同じ馬にブックキーパーが6倍、競馬場が18倍のオッズだった!
もちろん、競馬場の方で馬券を買ったことは言うまでもない。

で、、、結果は大当たり~~~♪

おかげで一日ハッピーにすごすことができました。
それ以降はまったくだめだったけどね。w
スポンサーサイト
【2005/03/28 13:39】 | 競馬@豪 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<MA | ホーム | ステーキバーベキュー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zigemi.blog6.fc2.com/tb.php/11-d61b3d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Zigemi's OZ Life 育児日記


ゴールドコーストで2004年9月生まれの男子&2006年11月生まれの女子を育てるzigemiの育児日記。オーストラリアと日本の育児の違いや、その他豪ならではのローカル生活情報&愛するオーガニック情報満載!お店もよろしく☆ www.SunnyAngel.org



*script by KT*
プロフィール

zigemi

  • Author:zigemi
  • オーガニック製品販売はじめました。みてね!
    www.SunnyAngel.org

    英語嫌いなのにできちゃった結婚でオーストラリアに住む事になってしまい日々大変です(汗
    zigemiが管理しているサイト
    「オーストラリア生活不便利帳」では、日々の生活のなかからまとめた役立つ情報を他のママさんの経験談含めて更新しています。こちらも是非遊びに来てくださいね~♪

    家庭保育園もやっています♪選定絵本リストはこちらをクリック!

 




カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。